• « 2017·06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  »
--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Categorieスポンサー広告  - - TOP

2013’11.03・Sun

後は、お水が飲めるようになるのみ!

めきめきと成長中!

放牧するとバババババ!!!とダッシュする子猫特急

IMG_4868 (400x267)

なんにでも興味津々。

IMG_4888 (400x267)

別パターンで放牧の、はなはなぁーず

IMG_4884 (400x267)

止まってるとき以外は写真がブレブレなので

じゃらしで注目顔をゲット!





ちびしま713g、トイレOK・カリカリOKでもミルクも大好き・お水少々

はなしろ642g、トイレOK・カリカリOKミルクじゃないと嫌!

はなくろ568g、トイレOK・カリカリOKミルク大好き・お水も上手に飲める


あと二週間ぐらいでワクチン行けそうです

Categorie子猫2013  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2013’10.27・Sun

離乳バトル。



IMG_4860 (450x300)

お口の汚れがすさまじい・・・

IMG_4855 (450x300)

ふやかしフード、もっと!もっと!

IMG_4856 (450x300)

がつがつ食べてくれるのはうれしいけれど、現場は「ふやかしフードでべとべと」バトルです。。

IMG_4857 (450x300)
 
「あっちの人たちすごーい。。」


ここ数日で、


・ちびしま君 固いフードも少々OKで、トイレの存在に気づいてない 600g

・はなしろ 固いフードもOKで、トイレも一発理解! 530g

・はなくろ ふやかしフードじゃないと嫌!、トイレはOK 490g



個性豊かに育ってくれてます


Categorie子猫2013  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2013’10.23・Wed

ちびしま君@離乳中

保護して約2週間。

IMG_4747 (450x300) (3)

よちよち歩きで、

耳も真横についてた宇宙人顔だったちびしま君も・・・


IMG_4851 (450x300)

すっかり、猫さん顔になりました(^^)

現在500g!


顔をべちゃべちゃにして離乳食チャレンジ中。

トイレトレーニングも始めます♪



Categorie子猫2013  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2013’10.21・Mon

新たな事態。


IMG_4803 (450x300)
「えへん。」


・・・王子様状態だった、ちびしま君。

しかし、一週間後・・新たな事態が・・・



同じ施設内で枯葉にうずくまる子猫二匹。。

病院では、「離乳してるかしてないか・・・微妙だねぇ。」とのことで、

ミルクも投入!

しかし、全力で嫌がられる。。けど水分とらないと・・・ごめんよぉ(泣)

体重が増えてくれなくて心配してたのですが、

なんとか三日ほどで上手にミルクを飲めるようになってくれて(感涙)


IMG_4839 (450x300)

はなしろ 420g ←病院で性別聞き忘れ(汗)

IMG_4842 (450x300)

はなくろ 400g



ちびしま君とは、とりあえず別グループで授乳中! ←潜伏しうる病気を警戒中のため


800gになれば、一回目のワクチンを接種できますとのこと・・・。


願いは一つ!

大きくなぁれ♪なのです





Categorie子猫2013  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2013’10.16・Wed

保護、一週間経過。

IMG_4748 (450x300)

初日の写真。

IMG_4749 (300x450)

ちっちゃーい。

IMG_4771 (450x300)

少々余裕が出てきたのか、

IMG_4803 (450x300)

今では・・・この表情♪


体重も一週間で

258g→370g

歯も生えてきて、そろそろ離乳食の準備です(^^)♪

Categorie子猫2013  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2013’10.16・Wed

飲んで、だして、あっためて。

IMG_4750 (450x300)
10月8日保護。258g あだ名 ちびしま君


まずはすくすく育っていただいて、ワクチン接種を目標に

子猫育児に励む日々であります。

Categorie子猫2013  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2012’01.03・Tue

譲渡契約書

契約書

 本日(    年   月   日)  私(氏名              )
 住所(                             )は、
 生後(  )ケ月・年 の 猫(  )匹、性別(オス・メス)、仮名(        )を、
 住所(                                 )
 氏名(            様)へ譲渡しました。
本日より下記の約束を譲渡した猫の生涯にわたり守り、愛情と責任を持って生涯家族の一員として飼育いたします。
(本日より(    )の間は「里親適性試験期間」となります。)

・諸事情によりどうしても譲渡した猫の飼育が困難になった場合、捨てたり、保健所に持ち込まず、
 速やかに当方まで連絡すること。(飼育が出来なくなった時点より所有権は当方に優先となります)
・他人への譲渡を禁止する。
・完全室内飼いを徹底し、屋外やベランダ等に出さないこと。
 (ベランダからの落下防止、および近隣住民への迷惑防止。環境省中央環境審議会が定める飼育基準に準ずる。)
・必ず首輪をつけ、連絡先を明記した迷子札をつけること
・過失により逃がしてしまった場合には責任が問われることがある。
 環境が変わりそれに慣れるまでは特に注意し、脱走防止に適切な配慮をすること
・死亡させてしまった場合、獣医による死亡診断書を提出すること。
 その際に、あきらかにその死因が不審な点がある場合はその責任を問われる。
 (虐待や飼育者としてふさわしくない行動が原因となった死亡など)
・不妊、去勢手術を行うこと。
 動物の愛護及び管理に関する法律第二十条より、譲渡した猫を含め飼い猫・飼い犬の繁殖制限は飼い主の義務である。
・ワクチンの接種や不妊、去勢手術、投薬等に関して証明書の書類を求める場合にはそれに従う事。
・本日より当方が指定した期間は飼い主としてふさわしいか、譲渡の猫の飼育環境が適正かどうかを最終判断させて
 いただく「里親適性試験期間」とし、この里親適性試験期間の期間は譲渡した猫の所有権は当方が有するものとする。
 したがって、本日の譲渡は『仮譲渡』となり、「里親適性試験期間」の期間は『仮譲渡期間』(借り受け期間)とする。
 「里親適性試験期間」終了後に最終審査を行い、問題があった場合には譲渡は不成立とする。
 ・「里親適性試験期間」に適正な飼育が実行されていない場合は期間途中でも期間終了を待たずに返還を求める。
  速やかに譲渡した猫の返還に応じ、当方へ譲渡した猫を返還すること。
 ・万が一、「里親適性試験期間」に事故や損害が発生しても、当方は一切責任を負わないものとする。
  当方へ責任を求めたり、金銭の要求などをしないこと。
 ・飼育者として例え里親適性試験期間でも自らの責任において対処し、事故の無いようにすること。
 ・また、里親適性試験期間の期間中に譲渡猫の怪我や病気などにより医療処置が必要な場合は飼い主の責務として
  責任を持ち対処すること。
 ・万が一、里親適性試験期間の期間中に譲渡した猫が死亡した場合には獣医師により死亡診断書を作成し、
  その死因が明らかに飼育者としてふさわしくないと思われることが原因、もしくは不審な点がある場合は、
  その責任を負い、損害賠償請求に応じること。
・仮譲渡の際に譲渡した猫と一緒に写真撮影を了解します。
 (譲渡者、譲受者以外の目に触れるような掲載などはいたしません)
・譲渡後1か月後、3か月後、6か月後、1年後に譲渡した猫とご家族で写真(携帯電話のカメラでも可)を
 当方まで送ること。その際、撮影日が確認できるものを写真内におさめること。
・以上のことをはじめとし、そのほかにも譲渡に関して約束が守られない場合や、譲渡した猫の飼育者として
 ふさわしくないと思われたとき
 (譲渡は基本的に譲渡者、譲受者による信頼関係に基づき行われるものであることより)
 信頼関係が著しく損なわれた場合には当方より譲渡した猫の返還を求める場合があります。
 その際は速やかに当方からの引き渡し請求に応じ、当方への譲渡した猫を返還すること。
・虐待や他の目的(実験動物取扱業者や皮革業者などへの納入等)のため、飼い主になると偽りだまし取る
 詐欺行為があった場合は、詐欺による法的対処を行います。
・虐待行為、または放置虐待(給餌、給水をやめて衰弱させる等)行為があった場合には
 「動物の愛護及び管理に関する法律」第二十七条違反で法的対処を行います。
 (これらには期間の限定は無いものとする)
・家族全員が上記を了承し、これらのほかにも譲渡した猫の幸福と健康を第一に考え、
 飼育者としての責任を持って、家族の一員として気を配り、これらの約束を守っていくことを誓います。
・家族全員の同意・了解が無い場合は譲渡は不成立、もしくは無効となります。
      年  月  日
   契約者  住所:
        氏名:             印  電話番号:
 世帯主・責任者氏名:
          (世帯主と契約者が異なる場合に明記)
 以上、契約書2通にサインし、そのうち1通はそちらの控えとなりますので大切に保管してください。
・契約内容や約束内容が守られず紛争に至った場合、本件に関する紛争は、熊本地方裁判所、
 もしくは、熊本簡易裁判所を第一審合意管轄と定めるものとする。 

Categorieお約束  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2012’01.03・Tue

譲渡契約書のわけ

譲渡の際の契約書をご覧いただけたでしょうか?

えっ?と思われた方が大半かと思います。

まず、当方としてもこのような物々しい契約書は決して望むものではありません。
しかしながら、現実に猫に不幸な事件が起きています。
それを回避するためにはこのような法的な拘束力がある契約書が必要となります。

文章も威圧的な感じですが、結論から言いますと、

基本的なことを守っていただき、普通に可愛がっていただく。

これで、いいのです。

高級ブランド品の首輪などは必要ありません。
基本的なことを守っていただき、家族として迎えていただきたい。
当方の願いはそれだけです。

しかし、「普通に可愛がる」という認識も人によって異なりますし、
ほんの一部ですが悪質な人間も存在しますので
こういう契約書としての形をとらせていただきます。

以下にかいつまんで解説させていただきます。
契約書の始めからご覧ください。

>(本日より(    )の間は「里親適性試験期間」となります。)

実際に猫を飼った経験がない方など、思っていたことと全く違うという事もあるかと思います。
特に仔猫の時には何にでも興味を示し、いたずらっ子です。
これから、この子の一生を預かれるだろうかという判断していただく期間です。


>完全室内飼いを徹底し、屋外やベランダ等に出さないこと。
>(ベランダからの落下防止、および近隣住民への迷惑防止。環境省中央環境審議会が定め>る飼育基準に準ずる。)
>・必ず首輪をつけ、連絡先を明記した迷子札をつけること

猫は家への出入りを自由に飼育しているご家庭も昔は多かったのですが、
交通事故や病気にかかったり、怪我をするリスク、残念ながら現代社会での家の外の環境は
猫が生きていくためには過酷な状態です。
そうやって外飼い飼育されている猫を見たり、話を聞いたりすることもあるかもしれませんが、
たまたま、何事もなく過ごしていると思ってください。
実際、たった一度、脱走してしまったために無残な結果になった事実もあります。
今回の譲渡では完全室内を実施していただける方以外はお断りいたします。

外に出たがっているからかわいそうじゃないかという方もいますが、猫は高いところに登れるようにしてあげれば、行動面積が狭くてもストレスは少ないという研究結果もアメリカで発表されています。

繰り返しになりますが、現代社会での屋外は猫にとって非常にリスキーです。
もし、変わり果ててしまった姿で発見されてしまった時、その時のことを思ってください。

また、万が一脱走してしまっても、迷子札のおかげで戻ってきた、という事実も存在します。
そうなってしまった場合には猫にとって最後の砦となりかねません。
首輪に、明瞭に連絡先を記入し、何かの時にはすぐに連絡をもらえるようにしてくことが大切です。


>環境が変わりそれに慣れるまでは特に注意し、脱走防止に適切な配慮をすること

借りてきた猫、とはよく言ったもので、猫は環境に対する変化にものすごく敏感な動物です。
私たちが家を購入し、猫たちと引っ越してきた時は、半日以上、キャーリーケースから
出てきませんでした。
また、猫はびっくりしてパニック状態になるときもあります。
ですので、外に出ていく様子などが無くても、何かの拍子に飛び出してしまうことも十分考えられます。
普段から玄関や窓を開け放したりせず、網をしたりするなどの脱走防止に努めてください。


>・不妊、去勢手術を行うこと

繁殖を希望される方はお断りさせていただきます。
生後半年前後を目安に獣医さんと相談し、必ず避妊・去勢手術を受けさせてください。


>・仮譲渡の際に譲渡した猫と一緒に写真撮影を了解します。
>(譲渡者、譲受者以外の目に触れるような掲載などはいたしません)

里親詐欺など防止のためです。
万が一、詐欺行為があった場合には、写真が有力な証拠となります。


>・譲渡後1か月後、3か月後、6か月後、1年後に譲渡した猫とご家族で写真(携帯電話のカメラでも可)を
>当方まで送ること。その際、撮影日が確認できるものを写真内におさめること。

上記と同じ、里親詐欺の防止のためです。
里親詐欺実行犯はなるべくコスト(エサ代など)をかけないようにするため、
短期間で業者などに渡してしまいます。
そのため、上記の区切りの期間に携帯電話のカメラで撮影し送信してもらって
結構ですので、元気です、という報告をしてもらっています。
また、撮影日が確認できるものという事で一番良いのはその日の新聞の一面を
一緒に撮影していただく事が一番かと思います。
定期的に写真付きで連絡はあったが、なんだかあまり大きくなってないと不審に思ったところ、
過去に撮り溜めて置いた写真だったという事実もあります。



>・家族全員の同意・了解が無い場合は譲渡は不成立、もしくは無効となります。

子供が欲しがっているから、と子猫を見に来られる親御さんもいらっしゃるようですが、
親御さんはもちろん、猫の飼育にはご家族全員の協力が不可欠です。
避妊、去勢手術、毎年のワクチン、病気になった時など、病院へ連れて行くのに
時間も手間もお金もかかります。
お子さんだけでは到底無理です。
どうか、ご家族全員で見守ってあげてください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

現実としておきている事件です。
こちらなど参考になるかと思います。
プラーナさんのホームページ
(※当方はこの団体とは全く無関係の個人です。実際に起きた事件として見ていただきたく、HPを紹介しています。)
また、"里親詐欺"でyahooなどで検索してみてください。
それで、この契約書の意味もお分かりいただけるかと思います。

ほとんどの方は本当に猫が飼いたいと思って行動していらっしゃる方が大多数だと思います。
しかし、ほんの一部のこのようなことをする人間を排除するためにもこの契約書が必要となります。
そのために、気分がいいものではありませんが、この契約書の内容を守っていただき、
ご署名いただくことを条件とさせていただいております。

繰り返しになりますが、

基本的なことを守っていただいて、普通にかわいがっていただく。

それだけでいいのです。
ブランド品のような高価な物は必要ありません。

どうぞご理解いただければと思います。

Categorieお約束  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。