• « 2017·06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  »
--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Categorieスポンサー広告  - - TOP

2012’01.03・Tue

譲渡契約書

契約書

 本日(    年   月   日)  私(氏名              )
 住所(                             )は、
 生後(  )ケ月・年 の 猫(  )匹、性別(オス・メス)、仮名(        )を、
 住所(                                 )
 氏名(            様)へ譲渡しました。
本日より下記の約束を譲渡した猫の生涯にわたり守り、愛情と責任を持って生涯家族の一員として飼育いたします。
(本日より(    )の間は「里親適性試験期間」となります。)

・諸事情によりどうしても譲渡した猫の飼育が困難になった場合、捨てたり、保健所に持ち込まず、
 速やかに当方まで連絡すること。(飼育が出来なくなった時点より所有権は当方に優先となります)
・他人への譲渡を禁止する。
・完全室内飼いを徹底し、屋外やベランダ等に出さないこと。
 (ベランダからの落下防止、および近隣住民への迷惑防止。環境省中央環境審議会が定める飼育基準に準ずる。)
・必ず首輪をつけ、連絡先を明記した迷子札をつけること
・過失により逃がしてしまった場合には責任が問われることがある。
 環境が変わりそれに慣れるまでは特に注意し、脱走防止に適切な配慮をすること
・死亡させてしまった場合、獣医による死亡診断書を提出すること。
 その際に、あきらかにその死因が不審な点がある場合はその責任を問われる。
 (虐待や飼育者としてふさわしくない行動が原因となった死亡など)
・不妊、去勢手術を行うこと。
 動物の愛護及び管理に関する法律第二十条より、譲渡した猫を含め飼い猫・飼い犬の繁殖制限は飼い主の義務である。
・ワクチンの接種や不妊、去勢手術、投薬等に関して証明書の書類を求める場合にはそれに従う事。
・本日より当方が指定した期間は飼い主としてふさわしいか、譲渡の猫の飼育環境が適正かどうかを最終判断させて
 いただく「里親適性試験期間」とし、この里親適性試験期間の期間は譲渡した猫の所有権は当方が有するものとする。
 したがって、本日の譲渡は『仮譲渡』となり、「里親適性試験期間」の期間は『仮譲渡期間』(借り受け期間)とする。
 「里親適性試験期間」終了後に最終審査を行い、問題があった場合には譲渡は不成立とする。
 ・「里親適性試験期間」に適正な飼育が実行されていない場合は期間途中でも期間終了を待たずに返還を求める。
  速やかに譲渡した猫の返還に応じ、当方へ譲渡した猫を返還すること。
 ・万が一、「里親適性試験期間」に事故や損害が発生しても、当方は一切責任を負わないものとする。
  当方へ責任を求めたり、金銭の要求などをしないこと。
 ・飼育者として例え里親適性試験期間でも自らの責任において対処し、事故の無いようにすること。
 ・また、里親適性試験期間の期間中に譲渡猫の怪我や病気などにより医療処置が必要な場合は飼い主の責務として
  責任を持ち対処すること。
 ・万が一、里親適性試験期間の期間中に譲渡した猫が死亡した場合には獣医師により死亡診断書を作成し、
  その死因が明らかに飼育者としてふさわしくないと思われることが原因、もしくは不審な点がある場合は、
  その責任を負い、損害賠償請求に応じること。
・仮譲渡の際に譲渡した猫と一緒に写真撮影を了解します。
 (譲渡者、譲受者以外の目に触れるような掲載などはいたしません)
・譲渡後1か月後、3か月後、6か月後、1年後に譲渡した猫とご家族で写真(携帯電話のカメラでも可)を
 当方まで送ること。その際、撮影日が確認できるものを写真内におさめること。
・以上のことをはじめとし、そのほかにも譲渡に関して約束が守られない場合や、譲渡した猫の飼育者として
 ふさわしくないと思われたとき
 (譲渡は基本的に譲渡者、譲受者による信頼関係に基づき行われるものであることより)
 信頼関係が著しく損なわれた場合には当方より譲渡した猫の返還を求める場合があります。
 その際は速やかに当方からの引き渡し請求に応じ、当方への譲渡した猫を返還すること。
・虐待や他の目的(実験動物取扱業者や皮革業者などへの納入等)のため、飼い主になると偽りだまし取る
 詐欺行為があった場合は、詐欺による法的対処を行います。
・虐待行為、または放置虐待(給餌、給水をやめて衰弱させる等)行為があった場合には
 「動物の愛護及び管理に関する法律」第二十七条違反で法的対処を行います。
 (これらには期間の限定は無いものとする)
・家族全員が上記を了承し、これらのほかにも譲渡した猫の幸福と健康を第一に考え、
 飼育者としての責任を持って、家族の一員として気を配り、これらの約束を守っていくことを誓います。
・家族全員の同意・了解が無い場合は譲渡は不成立、もしくは無効となります。
      年  月  日
   契約者  住所:
        氏名:             印  電話番号:
 世帯主・責任者氏名:
          (世帯主と契約者が異なる場合に明記)
 以上、契約書2通にサインし、そのうち1通はそちらの控えとなりますので大切に保管してください。
・契約内容や約束内容が守られず紛争に至った場合、本件に関する紛争は、熊本地方裁判所、
 もしくは、熊本簡易裁判所を第一審合意管轄と定めるものとする。 

Categorieお約束  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。